⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ノアコイン (NOAH COIN) の販売が好調です。

フィリピンの国策的な経済プロジェクトとして発案され準備されてきた『ノア・プロジェクト(NOAH PROJECT)』で開発され使用される新暗号通貨であるノアコインは、現在日本とフィリピンの2か国のみでの先行予約販売(プレセール)第一期の延長期間中(3月19日まで延長)ですが、すでに第一期分の予定発行額は昨年末までの「関係者先行予約」(プレセールのさらに前の、プロジェクトの関係者に対し優先的に予約を受け付けた期間)の段階で満額発行(いわゆる「売り切れ」)となり、現在は第4期プレセールでの発行予定分の一部を急遽前倒しして第一期にまわし、期間中の予約注文に対応している状態だそうです。

今年2017年1月11日に満を持して始まったノアコインの事前申し込み受付(「プレセール」)ですが、当初2月19日に予定されていた第一期プレセール終了日が3月19日まで一カ月間延長されたことは、市場の『ノアコイン』に対する期待感の現れとして、非常に分かりやすい市況になっています。

このように期間中の発行予定額をとうに上回ったにもかかわらず、締切りにするどころか発行受付期間を一カ月も延期することが決定された背景には、フィリピンでの広報用の英語によるサイトの構築がなかなか進まなかったために一般への情報開示が間に合わず、その結果フィリピンでは第一期プレセールの当初の予定期間中にフィリピンの人々が予約したくても出来なかったり、そもそも一般への周知が行き届かなかったという現地事情があったようです。

また日本においても、一番低額で済むスタート時発行価額や公開後の高配当率など、諸条件が最も有利となる第一期プレセール期間中にノアコインを手に入れておきたいという一般投資家達の強い要望によって、プレセール第一期期間延長を望む声が高まったことも背景にあるとのことです。

市場の需要に応える形で、先行予約を積極的に受け入れる戦略を選択したノアコイン発行機関のマーケティング判断により、条件の最も良い第一期プレセール期間の延長が実現したことは多くの人々にとって明るいニュースとなったことでしょう。

ノアコインのプレセール予定

それではここで、来年の正式公開前のプレセールの予定について、各期間の一覧をまとめてみましょう。以下は現在進行中の第1期から最後の第4期までの各期予定と公開国です:

[第1期] 2017年1月11日~3月19日  日本/フィリピン

[第2期] 2017年4月 3日~5月28日     日本/フィリピン

[第3期] 2017年7月24日~10月1日  +中国/韓国/台湾他アジア各国

[第4期] 12月1日~2018年4月30日まで  全世界各国

[公  開] 2018年6月12日          全世界各国

*発行予定価額     総発行価額 2,160億NOAH

プレセール   432億NOAH

公開後発行 1,728億NOAH

[第1期]  23.11億NOAH   発行価額 $1.00

[第2期]  55.85億NOAH                  $1.14

[第3期] 111.88億NOAH                 $1.18

[第4期] 241.16億NOAH                 $1.22

*先行予約者対象の配当予定

プレセールでの予約購入者には公開後に所定の比率でNOAH COINの配当を受け取る権利が付与されます。この点が他の暗号通貨(”仮想通貨”)と一線を画すNOAH COINの魅力です。以下は各期毎に定められたNOAHの配当比率です:

[第1期] 配当率 20.00%

[第2期]     17.20%

[第3期]             14.79%

[第4期]             12.72%

この一覧表を見てお分かりのように、NOAH COIN をより早く入手すると公開後の配当率が格段に高くなるという特権が付与されていますので、投資としてNOAH COINの取得を考えている人々にとってはより早く入手しようという動機付けにもなっています。発行機関によるマーケティング戦略という観点からも、より早く市場定着を図るためのインセンティブとして先行予約者に高配当を用意するという積極的な販売促進策とみることができます。

公開予定日は『独立記念日』

来年2018年6月12日にはいよいよNOAH COINが全世界で一斉に一般公開されます。この「6月12日」というのは、フィリピンの国にとって重要な意味をもつ特別な日です。

長い間スペインの植民地として統治されていたフィリピンが、1898年の6月12日に独立を宣言し、スペインの統治を離れてフィリピン人による政府の下、独立国家としての歩みを始めた歴史的な日なのです。フィリピンの近代国家としての歴史の重要な転換点となったこの日が、『独立記念日』と定められて現在に至っています。

ノアコインNOAH COINの公開日をフィリピンの最も記念すべき日である『独立記念日』に設定してあること自体が、この計画『ノア・プロジェクト』がフィリピンの国策と密接な関係にあることを示唆しています。ノアコインの開発と普及は、フィリピンの国家にとってそれだけ重要な意味を持っているのです。

フィリピン経済の課題を解決

ノアコインの開発と市場への導入・普及によって、フィリピン社会が今抱えている経済的な課題を解決に導こうとしています。ノアコインという新たな暗号通貨の開発は、フィリピンの政界と経済界を挙げた、正に国家的な取り組みなのです。

海外労働者と国際送金

その「経済的な課題」とは、海外で働くフィリピン人が毎年本国に送金する莫大なお金の内かなりの金額が「海外送金手数料」として外国の金融機関や送金サービス業者の下に落ちてしまい、せっかく海外で稼いだ外貨の多くがフィリピンに流入しないという問題です。

英語を公用語としているフィリピンでは海外で仕事を得て国内の家族に送金する「出稼ぎ」をする人々が多く、その数は年間300万人以上と言われています。これらの人々が家族に送金する毎年数千億円規模の外貨の内10~12%程が「海外送金手数料」として本国に流入せずにいるのです。

これはフィリピンの一般庶民の多くが銀行口座を持っていないために(フィリピン国民の銀行口座保有率はわずか30%ほどだとされています)送金にあたって手数料の高い「海外送金サービス」を利用せざるを得ないことも手数料率が高くなる原因となっています。

この高額な手数料がほとんど要らなくなるという対策が、暗号通貨(仮想通貨)の導入です。フィリピンの海外出稼ぎ者が得た賃金をノアコインに替えて本国の家族に送れば、送金のための手数料がゼロになるという訳です。これにより莫大な額のお金が「手数料」で消えずにすむのです。

これはフィリピンの一般庶民にとって収入が目減りしなくて済むだけではなく、国家財政にとっても貴重な「新財源」とも言える大きな額となります。フィリピンの政財界挙げてこの新暗号通貨の開発と普及に取り組む社会経済的な背景がここにあります。

フィリピンの国を挙げての取組みがノアコイン開発・普及の後押しをしているという事実が、この新暗号通貨への期待値を高め、プレセールでの予定発行額を前倒しする程の人気の秘密になっています。

ノアコイン普及を後押しするプロモーション計画

このようにフィリピンの政財界を挙げて後押しする『ノアコイン』の開発と普及戦略には、様々なプロモーション計画が立てられ、実施の準備が進んでいます。

  • 広報計画

まずは日本での関係者先行予約及びプレセールの展開で幕を開けたノアコイン発行プランですが、前述のようにフィリピンでの第1期プレセール開始と共に、フィリピンでの今後の展開を見据えた様々な広報計画が進んでいます。

首都マニラを中心に郊外へとつながる高速道路網には特大の看板が次々と現れる「ハイウェイ・アド」が展開され、街中や人々が集まる場所での広告看板と相まって一般の人々の眼に絶えず触れる仕掛けが施されます。

物理的な「看板」だけではもちろんありません。マスメディアを通した宣伝に加えて、近年フィリピン社会に(特に若年層に)非常に高い割合で普及しているFacebookの利用で広く一般への周知を図ります。

またマニラの表玄関『ニノイ・アキノ国際空港』施設内には、フィリピン航空の協力により設置された大掛かりな広告がフィリピンを訪れた人々の眼に触れることでしょう。

フィリピン航空(Philippine Airlines)はノアコイン開発計画の初めから全面的に協力しています。同航空では飛行中の機内にもノアコインの開発に関わるプロモーションビデオを上映するなど積極的な広報活動によりノアコイン開発計画を支援しています。

  • インフラ整備

公開後の市中での普及・定着には「使いやすさ」が欠かせない要素となります。ノアコインの「使いやすさ」を実現するために、世界中でノアコイン対応のATMネットワークを整備して世界各国でノアコインと現地通貨との交換が街中でできる仕組みを作り上げることで、一般社会での定着を図ります。

  • 地域通貨としての仕掛け

これが『ノアコイン開発計画』の中でも最も特徴的かつ大規模なプランであると思われますが、フィリピンの首都マニラ郊外に新たに商業街区を開発し、ショッピングモールやカフェ、レストランを始めエンターテインメント施設からホテル、カジノまで備えた一大観光商業エリアを造成して、そのエリア全体でノアコインを「地域通貨」として定める、という壮大な計画が進行しています。

またこの地域に隣接して高級リゾートマンションやコンドミニアムを建設、それらの賃貸料や購入代金もノアコインで受け付けるという取組みにより「不動産投資」と「ノアコイン需要」の二つの経済案件を同時に満たす大掛かりなプランも同時進行しているのです。

まとめ

周到に用意されたプロモーション企画とインフラ整備計画に加えて、大型ショッピングモールや高級集合住宅の開発と「ノアコイン」使用の舞台創出という画期的なマーケティング戦略に基づいて、この新しい暗号通貨『ノアコイン(NOAH COIN)の公開準備が着々と進行しています。

公開前の投資案件として非常に条件の良い「プレセール」が、世界に先駆けてこの日本で最初に展開されているこの未曽有の機会を活かすためにも、この新暗号通貨の利点をもう一度じっくりと見直してはいかがでしょうか。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する