⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

『仮想通貨』という言葉が新聞やテレビのニュースに取り上げられるようになって久しく、この言葉ももうすっかりおなじみになった感があります。インターネット上でも相当な数の仮想通貨についてのサイトやブログが目に入るようになってきました。

仮想通貨とは?

仮想通貨の草分け的存在とも言える『ビットコイン』について言えば、オンラインで取り扱う交換所と呼ばれるサイトも随分と増え、一般の人でも簡単に手に入れることが出来る様になってきました。

社会現象と言ってもよいほど話題となった「ビットコインの120万倍の値上がり」によって、ビットコインを通じて仮想通貨自体に興味と関心を持つ人がたいへん増えたことも、仮想通貨という概念の一般化に役立ったのかもしれません。

いまや『仮想通貨』は新奇なものではなく、私たちの社会に普通に存在するものの一つになったと言っても過言ではありません。街中でも、特にカフェやバーなどではビットコインが使える店も徐々にではありますが目につく様になってきました。ドアーに大きく「B」のマークのステッカーが貼ってある店が、今後さらに増えてゆくことでしょう。

今のところビットコインが使える店舗というのは日本全国でもまだ200店舗程でしかなく、本格的に普及してゆくのはこれからだと思われますが、東京の主要繁華街を中心に確実に増えてきています。

港区赤坂にある不動産賃貸会社が初期費用の支払いにクレジットカードに加えてビットコインでも受け付ける様になったり、同じく東京の千代田区麹町では弁護士費用もビットコインで支払えるようにした公認会計士・弁護士チームの事務所が現れたりと、新たな業態でビットコインを支払いの手段として受け付けるようになったものが増えてきていることは注目に値するトレンドです。

仮想通貨の普及は進んでいる!

日本国内のオンライン・ショッピングサイトでは「DMM.com」がすでにビットコインでの決済を導入しています。大手の総合ショッピングサイトでは目下のところDMM.comだけのようですが、海外ではAmazonが導入に向けて準備を始めているようです。

Amazon での導入に先駆けて、他のオンライン・サービスのサイトが「Amazonでの買い物の支払いをビットコインでできるようにする仲介サービス」を始めているところが幾つかあり、そのことも相まってAmazon 本体での本格導入が近づいています。

このように店舗やサービス事業者、オンラインでの通信販売などの業者が顧客の料金支払いをビットコインで受け付けることの最大のメリットは、代金回収にかかるコストの大幅な削減でしょう。具体的には、クレジットカード払いの場合の「手数料」が要らなくなる、ということです。

顧客が飲食代金や買い物の代金、サービス料金などを支払う場合、店のレジにて現金で払う分にはもちろん店側には特に負担はないのですが、キャッシュレス化したライフスタイルが進んだ今、現金での支払いの他に各種電子マネーやクレジットカードで支払う人がたいへん増えています。

特にオンラインでの買い物やサービスについてはそもそも「現金支払い」ができないわけですので、決済はクレジットカードか銀行振込み、または後払い伝票によるコンビニなどでの支払い(この場合はコンビニが料金回収代行をする形になります)が現在は主流になっています。

銀行振込みの場合には顧客の側(お金を送る側)に振込み手数料の負担を求める場合がほとんどですが、後払い伝票を送付して後から払ってもらう場合にはまず伝票送付の郵送料がコストになりますし、そもそも伝票自体にも作製費用がかかっている訳です。

「後払い」の場合にはさらに、顧客がきちんと払ってくれるのを待つしかないというリスクもあります。

店側・業者側にとって一番負担が重いのはクレジットカードです。顧客にとっては便利ですので顧客サービスのためにクレジットカードに対応している店・業者は多いのですが、料金回収が販売時点で即座に保証されるという利点がある反面、クレジットカード会社に支払われる手数料(通例料金の5%前後)がそのまま料金収納コストとなって店側の大きな負担となっています。

ですから店側にとってはクレジットカードで支払いを受けるのは本当はあまり歓迎していない(できない)のですが、顧客サービスのためと、クレジットカードで支払いをしたい見込み客の誘致のために致し方なく導入している、といったところが本音であるといえるでしょう。

支払いをビットコインなどの「仮想通貨」で受けると、「金額」は顧客の「電子財布」(便宜上このように表現しておきます)から店の仮想通貨用データベースに直接送付されるので、銀行やカード会社を経由する必要もなく、従って手数料が要らなくなります。

この「手数料不要」という点が、店側にとっては仮想通貨導入の最大のメリットになります。現金と同様、料金受取りにかかるコストが実質的にほとんどかからなくなる訳なので、営業費用削減効果がたいへん大きくなるからです。

お店などの商業施設やオンラインでのサービスを行う事業者にとってのメリットだけではもちろんありません。一般消費者としての個人もまた、仮想通貨を利用することで幾つもの恩恵を受けることができます。

仮想通貨は送金を変える

個人として最も恩恵を受けることができるのはおそらく送金をする時でしょう。従来のように銀行振込みで送金をする場合には「振込手数料」がかかってしまいますが、仮想通貨で送るようになると相手に直接送付できるので、そもそも銀行を経由する必要自体がなくなり、従って振込み手数料も発生しないわけです。

仮想通貨で送る場合はコストがほとんどかからないので、個人にとってもこの経済的なメリットはとても大きなポイントでしょう。

これが「海外送金」となると、さらにメリットは大きくなります。第一に高額の海外送金手数料が要らなくなります。海外の銀行口座宛に送金をすると数千円の「海外送金手数料」がかかってしまいます。

銀行以外の「海外送金サービス」を利用する場合には手数料はもっと高額になります。仮想通貨で送ればそうした高額の手数料がそっくり要らなくなる訳ですから、これは大変大きなメリットになります。

金額的なメリットだけではありません。海外に送金する場合には自国の通貨から相手国の通貨など、国際間で異なる通貨へ両替を行う為替の手続きが必要になりますが、仮想通貨はそもそも世界共通ですから、為替のプロセスが要らなくなります。

日本円から米ドルやユーロに替える、など主要国通貨間の為替ならばさほど面倒なことはないのですが、様々な国の様々な通貨には国際的には流通していないものも多く、そうした国の通貨へ両替しなければならない場合などには尚更、仮想通貨で送る場合との利便性の差が際立ってくることでしょう。仮想通貨はある意味「国際通貨」そのものの特長を持っているのです。

為替手数料も不要になるばかりではありません。事務的な手間も軽くなり、着金までの時間も大幅に短縮されます。従来数日から、国によっては数週間かかっていた海外送金も、仮想通貨を利用すれば僅か数分で片付けられるのです。

ピットコインの決済時間はおよそ10分かかりますが、決済時間を飛躍的に早くした新種の仮想通貨もすでに実用化され、企業間の国際決済などでの利用が始まっています。「銀行が利用する国際決済のための暗号通貨」として開発された『リップルコイン』などはその好例です。

この様に仮想通貨のもつ「万国共通性=為替不要」と「分単位での迅速な決済スピード」「手数料不要の送金」という三大メリットは、個人のみならず企業の事業活動においても大きな恩恵をもたらすことになりますので、そこに着目した金融機関が決済手段に採用する動きも見せ始めています。

銀行が仮想通貨を取り扱う時代になったのです。これはすなわち仮想通貨のもつ利便性と流動性が銀行をはじめとする金融機関に認められ、社会経済の中で公定通貨と並ぶ決済手段としての地位を確立したことを意味しています。

決済コストがほぼ無料で迅速、全世界共通で利用できる便利な決済手段としてのメリットに加え、仮想通貨には「市場価値の上昇」が起こりうるということでかなり有望な投資対象としても注目されています。

ビットコインの市場価格の高騰ぶりを取り上げるまでもなく、仮想通貨の資産価値は長期的にも短期的にも投資対象としての魅力にあふれています。

まとめ

長期的には、公開時または公開後間もない時期に入手してから数年後にどのように値上がりしているかが期待されます。市場においてその利便性が評価され定着した仮想通貨には市場価格の上昇が見込まれますので、持っているだけで資産価値の上がる投資対象としての一面もあるのです。

また短期的な投資対象というのは、取引市場における相場の変動幅が大きいことで市場での売り買いを繰り返すことで短期的な利益を得ることも可能だということです。安い時に買い、高くなったら売るという単純な取引の繰り返しが可能なほど、取引市場での値動きが活発なビットコインのチャートをみれば一目瞭然です。

実用上のメリットと利便性に加えて投資対象としての資産価値も期待できる仮想通貨の将来性が、今まさに私たちの日常生活の中で証明されつつあります。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する