⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

「仮想通貨ビットコイン」って言葉はテレビや雑誌などで聞いた事があるでしょうか。最近ではNHKが特集をしたり、池上彰さんも番組で紹介されていたこともありましたね。「見たけどよくわからない」という声もたくさん聞きます。

日本ではまだ、円が安定していると思っている人が多いので仮想通貨が育つ土壌は育っているとは言えないでしょう。でも、海外では驚くほど仮想通貨が普及していて、お店やタクシー、学校の授業料をビットコインで支払うなど、日常化しつつあります。仮想通貨を使うメリットが大きいと感じているからでしょうね。

海外ではすでにセブンイレブン、ファミリーマート、楽天、アマゾンなどがビットコイン決済を実現している状況なので近未来的には日本でも普及することは予想できます。

今回は利便性の高いビットコインのメリットを中心に話を進めていきたいと思います。

仮想通貨とは?

海外では暗号通貨と呼ばれています。日本では仮想通貨という言葉の方がお馴染みのようです。

仮想通貨は円やドルのような通常の通貨とは違って、物理的には存在していません。

それではどこにあるのかと言えば、インターネット上に存在する通貨です。しかも、国や地域限定ではなく世界共通通貨なのです。

目には見えないのに世界で通用すると言われてもにわかには信用し難いかもしれませんね。貨幣というのは使用するすべての人がその価値を認めていることで価値は存在するのです。今ビットコインは世界のたくさんの人に価値を認められているからこそ、現実に値も上がってきています。

ビットコインのメリット

通貨として使える(国に認めれる)

ビットコインでできる事は、通常の通貨と同じです。ビットコインを用いれば、個人間、企業間を問わず、物やサービスの対価として支払いを実行できます。

ビットコインは仮想であるというだけで、決済の手段としては変わりなく使えます。目に見えた円やドルのような通貨で支払うかビットコインのように電子的に行うかの違いがあるだけです。

ビットコインでは電子的に決済を行うため、インターネット経由で送金することが簡単でにできて、遠く離れた相手にでも目の前にいる人にでも短時間で送金できるのです。

投資に利用したり、ウェブマネーとして使用したり。スマートフォンやパソコンから今すぐにでも購入出来て便利です。お財布の代わりにパソコンやスマートフォンを使って物の売買が実現できるように作られています。

このように仮想通貨は購入の決済手段として機能するところから「もの」や「サービス」ではなく「支払いの決済手段」「お金」として国にも認められるようになりました。

このことによって仮想通貨に消費税がかからなくなれば利用もしやすくなり、これが普及の後押しになると考えられます。消費税がかからなければ購入する個人や企業が増え、ますます仮想通貨の価値が上がることが十分考えられます。

世界中で使える

国が違えば、使用している法定通貨も違います。普通はアメリカはドル、日本は円というように両替する必要があります。ビットコインは世界中で使えて国境がないので両替の必要はなくなります。手数料の額もばかにはなりません。それに手間もかからなくなります。この便利さって大きなメリットですね。
海外から日本へ来た外国人には手間もなくなりぐっと楽になるので喜ばれるでしょう。このようなメリットを考えれば、たくさんの外国人の来日が予想される東京オリンピックまでには流通させていきたいですね。

 

送金が速い、手数料が安い

日本での送金を考えた場合、ほとんどが銀行などの金融機関を通して行い手数料が高いと言っても何百円で済みます。また時間もその日のうちに届くことが多いですね。

しかし、海外送金では大きなメリットがあります。海外に送る時、送る人も受け取る人も両方が手数料を支払います。10万円でも約3000円はかかります。

でも、ビットコインでは数円の手数料で数分で相手に届きます。もし、海外留学している子どもに送金すると想定したとき嬉しいのではありませんか。すごいメリットですね。

中央管理者がいない

ビットコインは発行主体をもたず発行責任者もいません。、中央管理機関がありません。ちょっと不安を感じますが大丈夫です。その代わりに、コンピューターのネットワークを利用して通貨を管理する仕組みとなっているので、実はこの方法の方が安全なのです。なぜかと言えば中央機関がないということは言い換えれば誰も意図的操作をすることが不可能ということになります。これが特徴です。

また、発行主体がないということは、国の事情によって通貨発行したりはできないのでの価値が変動してしまうことはありません。
また、国同士での通貨の違いも無いため、どこの国でも同じ価値で利用することができます。発行主体を持たないことで、自由度が高い使い方ができるのです。

いわば誰も管理していない、自律した仮想通貨とも言えます。

一見不安に感じたかもしれませんが反対にこれがメリットと言えるでしょう。

インフレ懸念?

国の経済状況が悪くなると、政府は新しい通貨を発行します。これにより通貨の価値が下がっていきます。ビットコインは発行量が2100万ビットと決められています。つまりインフレ懸念はなくビットコインの価値は下がる心配はないという見方が一つあります。

ベネズエラのハイパーインフレーションなど、国の経済が破綻したとき信用が大きく揺らぎ貨幣の価値は下がります。信用は通貨の価値と大きく関係しています。この国では自国の通貨よりもビットコインを安全な通貨として見られ現実にどんどんビットコインに両替されています。

経済の混乱や先行き不透明さはビットコインにとってはプラス材料となっています。。日本人は円を信じている人が多いので、これほどの不安を感じている人はあまりいませんが、いつ同じようなことになるかわからないとして資産のリスク分散をしている人もいますね。国の経済状況に左右されない安定した価値はメリットと言えるでしょうね。

情報が漏れない安全性の仕組み

新しい通貨の発行や、取引の詳細情報は、コンピューターネットワーク上に分散されて、保存される仕組みになっています。すべての記録が記載されている1つの大きな取引台帳が存在しているとイメージしてください。

この台帳に記録しているおかげで、通貨の偽造や二重払いなどを防止することができます。すべての記録は残りますが、その記録に個人情報は含まれません。ビットコインは、特定の組織の元にではなく、分散されたコンピューターのネットワーク上にその1つの大きな取引台帳を置くことで、中央管理を不要とする仕組みなのです。

ビットコインは過去から現在に至るまですべての取引が公開されています。ブロックチェーンの技術で取引の透明性が保たれている一方で取引の内容など個人情報や個人を特定できないなど匿名性は極めて高いです。ここが優れていると評価されている点です。すごいメリットですね。

ビットコイン長者の誕生

さて、世界中に広がっているビットコインは、そもそも、どこから始まったのでしょうか。その生い立ちを見てみましょう。

ビットコインは「ナカモトサトシ」という人の1本の論文の投稿から始まりました。。今でも一体だれかは不明です。

P2Pの仕組みを利用して分散処理し、暗号化の技術と組み合わせることで、ビットコインの信頼性を担保するというものでした。

この考え方に、多くの研究者やプログラマーが触発され、有志が集まってプログラミングを行い、2009年にビットコインが初めて『発行』されます。

誰も価値を認めていない時代です。当然一円の価値も認められていないときに、半ば冗談のつもりで日本円で2500円のビザ1枚と1万ビットコインと交換しました。

2010年からほぼ3年~4年でなんとその1万ビットコインが1億2000万円になっていたそうです。一番驚いたのはきっとピザ屋の店主だったでしょうね。

この取引が、ビットコイン史上初の商取引であり、これがビットコイン長者が生まれた瞬間だったのです。

ビットコインのデメリットは?

本題ではないので、今回は簡単にデメリットも紹介します。

投機的側面があるので価格の上がり下がりが激しいと言われています。過度な投機には要注意です。

アドレスを間違えやすいです。アドレスが長いので送金などの入力時に間違ってしまったら、お金をなくしてしまうことになるので「コピペ」などで慎重に行うことが大事です。スマホやネットが苦手なアナログの人には怖いかもしれません。

国は全く関与していないので、この先ビットコインに何があろうが一切の保証はないということです。

2016年と比べてずいぶん増えてきていますが、ショッピングや飲食に関してはまだまだ使える店が少ないです。どこでも使えるようになるまでは持っていてもあまり意味がないようです。

まとめ

ネット決済のツールとして日増しに存在感を強めるビットコイン。ビットコインは新しい通貨の形としてようやく主流への道を歩みはじめたところですが、多くの人々はまだ仮想通貨ビットコインのたくさんあるメリットを十分把握していないようですね。

日本は仮想通貨の世界ではまだまだ発展途上ではありますが、円やドル以上に利便性が高く、安定し、世界中で利用できる次世代の通貨をめざして作られたこの仮想通貨を使わない方がもったいない気がします。

パソコン、インターネット、携帯電話、電子マネーなど最初はずっと伸び悩んでいました。いざ普及が始まったら誰も止めることができない程急激な広がりを見せました。いつかという時期こそは分かりませんが、必ず同じ道を歩むのではないかと思っています。ビットコイン知ってる?」から「ビットコイン持ってる?」の時代になるのは火がついたら一瞬でしょうね。

おそらく、海外から人がたくさん来る東京オリンピックの頃には認知度も上がり、日本人も外国人も一緒になってでビットコインを使っているのではないでしょうか。そして、もしかしたら、ビットコインのメリットを外国人から教わるようなことになるかもしれません。世界中で日常的に使えるようになるのもそんなに遠くではないと私は思いたいです。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する