⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

2017年1月に始まったノアコインの第1期プレセールですが、あっという間に予定の発行枚数が完売してしまいました。予想を超えた早さの完売です。

購入を予定しながら購入出来なかった人のために、4回目に予定されていたプレセールの発行分を急きょ前倒し、期間を1ヵ月ほど延長してプレセールが行われています。これだけの人気があれば、本セール(公開)後にノアコインの価格が100倍を超えるかもしれません。

プレセールで売り切れたノアコイン

フィリピンの国家的プロジェクトとして開発されているノアコインのプレセールで、驚くべき事態が生じています。

ノアコインの普及や開発資金を確保するために行われている公開前のプレセールが開始そうそう、売り切れてしまったのです。

ノアコインのプレセールは、当初、以下のように4期にわたって行われる予定でした。

時 期 期  間 1NOAH/円 発行枚数
第1期 2017年1/11~2017年2/19(3/19) 1.44円 23.11億枚
第2期 2017年4/3~2017年5/28 1.64円 55.85億枚
第3期 2017年7/24~2017年10/1 1.70円 111.88億枚
第4期 2017年12/11~2018年4/30 1.76円 241.16億枚

 

この第1期のプレセールが発売後、数日間で23.11億枚のノアコインを完売したとのことです。

そこで、第4期に予定していた241億枚のノアコインを前倒しで第1期に加え、プレセールを1ヵ月延期して続けているということです。どのくらい、第4期から繰り入れたかは発表されていませんが、かなりの枚数を繰り入れたのではないでしょうか。

当初、第2期で購入をしようと考えていた人にとっても、第1期の価格で購入するチャンスが増えましたのでラッキーと思った人もいるでしょう。

一般に、プレセールの価格は、開始当初は安く、その後、次第に値を上げていきます。

ノアコインの場合は、第4期の価格が第1期に比べて22%上がる形に設定されていますので、公開前に22%の上昇です。

分かりやすくいえば、100万円分のノアコインを第1期で購入しておくと、第4期では公開前に122万になっているわけです。

公開日はフィリピンの独立記念日にあたる2018年6月12日ですから、1年4~5ヵ月で22万の利息がつくというのです。

このプレセール期間中の値上りですが、間もなく公開される予定のオンラインカジノゲームの暗号通貨として開発されているエイダコイン(ADA)が、第1期に対して第4期が30%アップとなっていますので、それよりは低いのですが…。

もっとも安い価格で購入でき、しかも最低でも22%の値上がりが決定しているノアコインの1期プレセールだけに、数日間で売り切れてしまったのですが、完売するにはもっとほかにもノアコインの魅力があるはずです。

ノアコインの人気の秘密

ノアコインの人気の秘密はどこにあるのでしょうか?フィリピンの国家的プロジェクトとして開発されていることも魅力の一つですし、1年5ヵ月のプレセールの期間中に22%の価格の上昇があることも魅力ですが、それだけではありません。

ノアコインには、もっとたくさんの決定的な魅力があるのです。

海外で働くフィリピンの人々の送金手段としてのニーズ

暗号通貨の価値は、その暗号通貨を必要としている人々がどのくらいいるかにかかっています。

実際に支払いや送金、決済の手段として使う人、投資の対象として購入する人などいろんな人がいますが、投資の対象とする人の場合は、相場次第です。実際に暗号通貨を支払いなどに使用する人とは少し様子が違います。

ノアコインの場合、実際に支払いや送金の手段として使いたい人が確実にいることが、この通貨の最大の魅力と言えます。確実にノアコインを使用する人がいて、確実に需要があるのです。それはかなりの数の人々ですし、使いたい金額もかなりの額にのぼります。

それは、海外で働くフィリピンの人々です。フィリピンでは、国内生産(年間)の10%にあたる、およそ3兆円が海外で働くOFW(Overseas Filipino Worker)からの送金ですが、その送金の手数料は3,500億円にのぼります。それをノアコインで送金すると、手数料がほぼ無料になるのです。

当然、いままで銀行や送金代行サービスを利用していた海外のフィリピン人は、少しでも多くのお金を家族のために送金したいのですから、ノアコインを使って送金することになるわけです。

仮に、3兆円のうち、1兆円をノアコインで送金するとしましょう。そのために必要なノアコインは、第1期のプレセール価格で言えば、およそ700億枚のノアコインを必要としていることになります。ノアコインの総発行枚数が2,160億枚ですから、その1/3にあたります。もっとも、公開後はかなりの価格の上昇が見込まれますので、枚数はもっと少なくてすむことになるでしょうが…。

ノアコインに対する確実なニーズの存在は、この暗号通貨の流通が間違いないことのもっとも大きな要因と言えます。

いま、世界では次から次へと新しい暗号通貨が生まれていますが、ほとんど流通しない暗号通貨も少なくはありません。

新しく開発される暗号通貨は、どれも何らかの特徴をもっていて、それを売りにしているのですが、その必要性についてはノアコインほど切実さがあるわけではありません。

持っているだけで20%の利息

ノアコインを持っているだけで1年目は20%、2年目は17.2%、3年目は14.8%と、40年間にわたって利息がつくのもノアコインの大きな魅力の一つです。

しかも、複利で利息はつきますので、元金と利息の合計に対して、2年目は17.2%の利息がつく計算になります。

100万円分のノアコインを購入すると、公開後はそれだけで1年後に20万円の利息がつき、2年目は元利合計120万円に対して、17.2%の利息がつき、141万円になります。

5年で2倍を超えます。つまり、5年持っていると200万円を超えるのです。いま、日本の銀行に定期預金でお金を預けていても、その利息は年に0.1~0.3%ですね。

なぜ、持っているだけでこんなにも利息がつくのか、利息は誰が払うのかなど、疑問をもつ人もいるかと思いますが、この利息は開発にあたっているノアファンデーションの一員である大手金融機関(PNB saving bank)が支払うそうです。

経済成長が著しいフィリピンでは、銀行にあずけた際の利息も高いし、金融機関の運用益はかなりの割合です。その運用益やプレセールで確保した開発資金、その後のノアコインを使ったビジネスで得られる収益などを20%という破格の利息の支払いにつぎ込んでも、なおいっそうの収益が上がることを見込んでの銀行ならではの戦略です。

持っているだけで5年で倍になり、さらに価格がプレセール時の100倍までなってしまったなら、一体、いくらの儲けになるのでしょう。ちょっと計算に戸惑いますね。

暗号通貨都市ノアシティの開発

ノアコインの魅力はもう一つあります。それは、ノアコインを自由に使える世界ではじめての暗号通貨都市を建設するプロジェクトが同時に進行していることです。

フィリピンの中心街から車で30分、フィリピン航空が所有している広大な土地がノアシティの予定地です。ここにアミューズメント施設(2017年)、ショッピングモール(2019年)、ホテル&カジノ(2020年)と次々に施設を建設し、暗号通貨が自由に使える都市開発を行うことになっています。

このプロジェクトが順調にすすめば、この都市開発による膨大な利益が開発者たちにもたらされることになるばかりでなく、世界中の人々がノアシティに注目して、集まってくるでしょう。

ノアコインが実際に使える、大掛かりなインフラ整備が進行しているのです。

暗号通貨の公開後の価格

ノアコインの価値が公開後、100倍まで上がるかを予想する前に、これまでの暗号通貨の公開後の価格の上昇について紹介します。

皆さんもご承知のように、最も上昇したのが、ビットコインです。2009年に公開されたビットコインは、その後4年間で120万倍になりました。気がとおくなるような上昇率です。1円分のビットコインを持っていた人は4年後、120万円です。

このビットコインはともかく、公開後の値上がりが大きかった後発の暗号通貨には、イーサリアムやモネロ、ファクトム、オーガー、ネムなどがあります。イーサリアムは公開してから10ヵ月で60倍、モネロは9ヵ月で24倍です。ファクトは17倍、オーガーは20倍になりました。

どれもわずかな期間で大幅な上昇です。

この上昇の背景には、その暗号通貨の魅力や良さがあったからですが、一方で暗号通貨そのものの普及が関係していると思います。

日本では、まだ暗号通貨は信用できない、詐欺だなんて思っている人がいるかもしれませんが、世界ではどんどん暗号通貨が広がり、暗号通貨を使った支払いや送金、決済が行われていますし、ドルや中国元などの法定通貨を暗号通貨に両替して、資産の保全と運用をしている人々が増えています。

ノアコインの価値は100倍まで上がるか

ノアコインのもつ、これまでにない大きな魅力を考えていくと、公開後のノアコインがどのくらいまで上がるか、大いに期待がもてます。ビットコインの120万倍はともかくとしても、ノアコインもかなりの上昇を期待できそうです。

後発の暗号通貨でさえ、20倍から60倍になっているのですから、これだけの魅力をもって、すでに人気が出始めているノアコインが100倍まで上がるのは夢ではない気がしてきます。

もう一つ、価格が上昇する可能性があります。それは、2017年4月から日本の金融庁が暗号通貨の取引所に対する法的規制を実施します。登録制にするとのことです。2016年に暗号通貨を通貨として実質的に承認する法案が国会を通っていますが、その具体策の一つとして、取引所の法整備をしたわけです。

いよいよ、日本も本格的な暗号通貨の時代に突入してきました。それもあってか、暗号通貨の第一人者ビットコインの価格の上昇が止まりません。

ノアコインを自由に出し入れでき、円やドルにもすぐに交換できるATMの設置を世界中ですすめていくインフラ整備もノアプロジェクトでは予定されています。

これからのノアコインの普及に向けたプロモーション活動や、インフラ整備の進展などが順調に進行するならば、私たちの予想を超えた価格の上昇がおきるのではないでしょうか。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する