⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

エイダコインとは?

まずはビットコインから

ビットコインはナカモトサトシ名乗る人がインターネットに投稿した論文を元に研究者が改良を加えて作られたと言われています。

2009年には一般に公開されて、最初の取引が行われました。

この時から保有している人はビットコイン長者として、今は億万長者になっていると言われています。

ビットコインは世界中で日常的に使われることを想定されて作られています。まだまだ、送金処理速度が遅いなどの問題もありますが、銀行送金などと比較すると断然早いし、知名度は仮想通貨の中で最初の基軸通貨ということもあってダントツで高いです。

 メリット

仮想通貨のメリットとしては、通常送金などを行う場合は金融機関などを仲介する必要がありますが、ビットコインを使うと個人間で送金が完了します。

離れた距離にいても、財布からお金を抜いて直接渡すのと同じように送金することが出来るのです。

 手数料

また、手数料が銀行送金と比較すると圧倒的に安く済みます。

これは私たちのように円やドルなど比較的有名で取引しやすい通貨を保有している人にはわかりにくいメリットかもしれませんが、マイナーな法定通貨を保有している人々からすれば数回手数料を払うことにもなりかねないので馬鹿にできないコストでもあります。

 24時間送金可能

銀行だと平日しか送金出来ないなどの制限がありますが、ビットコインだと24時間365日可能になります。

ビジネスの場合でしたら、スピード感は重要になりますのでメリットになりますね。

 ビットコイン何が出来るのか?

ビットコインで出来ることは、通常の通貨と同じで、個人間や企業間で取引することが出来ます。

法定通貨との決定的な違いは運営元が存在しないことです。

よって、法定通貨のようにデフォルトでいきなり紙切れ同然になったりはしません。

自国の通貨を信用していない人々は、自分の資産を保護する為に、分散する目的でビットコインを保有していたりします。

ビットコインは特に中国の富裕層に利用者が多く、中国政府がビットコインを規制するといきなり価格が変動したりすることもあります。

ただ、中国政府もビットコインを排除することは出来ないと判断したようで、これからは共存していく方針に切り替えたようです。

 マイニング

ビットコインには発行上限枚数が決められています。

2100万枚で、それ以上は発行されません。

新規発行は、マイニングと言われる承認方式を採用しており、膨大な計算式をスーパーコンピュータに解かせて、新規のビットコインを採掘しています。

最初のころは個人単位でもマイニング出来ていましたが、今では高性能なスーパーコンピュータが必要なので個人では不可能です。

マイニング会社が採掘しています。

価格推移

ビットコインは2009年に発行された時の価格は1BTC 0円でした。無料に近い無価値の状態で発行されたわけです。

それが、本に取り上げられたり、テレビで話題になったりすることをきっかけに徐々に上昇していきました。2011年ン4月には1BTC87円まで上昇し、2013年12月には123,100円にまで上昇しました。

しかし、その後は取引所の破たんなどマイナスのニュースもあって下落し、2016年にまた上昇してきました。

現在の価格は1BTC(2017年3月5日)147,000円まで上昇し、遂に金の価格を超えたと言われました。ビットコインを初めとする仮想通貨少しずつではありますが、認知されてきていると感じます。

2017年の秋には、三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨を発行するとしていますので、日本国内でも仮想通貨のニュースはどんどん拡大していくと思います。

エイダコインの特徴

カルダノ財団

カルダノ財団はスイスに拠点を置くブロックチェーンの組織であり、仮想通貨分野における商業的、立法的ランドスケープを前進させ、発展させることを目的としている。

政府や規制機関に対して積極的なアプローチを行い、企業やエンタープライズ、またその他オープンソース・プロジェクトなどと戦略的なパートナーシップを構築しようとしていて、ミッションをカルダノ・テクノロジーの規格化と保護、発展としている。

チャールズホスキンソン

カルダノ財団がブロックチェーンの技術を普及、発展させたいのは分かったのですが、その財団を信頼しても良いのかどうか?

その時に、この方の名前をよく耳にします。彼が携わっているから信用できるという人も多いはずです。その方の名前がチャールズ・ホスキンソンと言います。

今でさえ普及していない仮想通貨の市場で、更に未公開通貨となると何を元に投資の判断をすればいいのかというと、誰が開発に携わっているか?という点が重要な判断材料になると思います。

彼がなぜ信用されるのかと言うと、仮想通貨業界で既に実績があるからなのです。時価総額2位のイーサリアムや8位のビットシェアーズと言った仮想通貨の開発に携わり、どちらも時価総額ランキング10位以内に入っています。

何百種類もある中で、1人で2通貨も成功させるのはやはり天才数学者であるチャールズ・ホスキンソンだから出来る技なのでしょう。

目的

そもそもチャールズ・ホスキンソンがエイダコインに対して、集大成というほど全力を注ぎこんでいるのには、そこにカルダノの理念があるからだと思います。

カルダノの理念は、暗号技術で世界に公平を!というものです。

エイダコインというと、ゲームプラットフォームが真っ先に取り上げられますが、私はそこではないと思っています。

カルダノには新興国で身分証の役割を果たすといった付加価値があります。新興国で身分証を持たない人は数多くいて、暗号技術でどうにかその方々を助けてあげたいと考えているわけです。

しかし、暗号技術で身分証の代わりとなるアプリを作っても登録してもらえなければ意味がないので、そこでチャールズ・ホスキンソンが考えたのがゲームプラットフォームを利用するというものでした。

ゲームだと市場も大きく、登録してもらいやすいから利用したのですね。

世界中の社会問題を暗号技術で解決したいと考えられてる点で、個人的にエイダコインには魅力を感じますし、実際保有もしています。

エイダコインの公開日

プレセール期から公開までの経緯

1期

1ADA 0.2円での交換になりました。

2期

2期は1ADA 0.22円での交換になりました。日本でのみ販売になり、8週間で12億円分が2期分として準備されていました。

3期

3期は2016年8月1日。3期はアジアに販売エリアを拡大しての交換になりました。開発元の香港はこの3期で初めて購入可能になったという言うことでした。

なんとこの3期はあまりに販売が好調で、4日間で完売してしまい,急遽3.5期を作って販売を再開しました。これにより、公開日までの計画に遅れが生じてきました。

4期

4期はもともと世界中で購入可能になる予定だったが、最終的にはアジアのみとなった。

2017年の1月31日まででプレセールは完全に終了した。この時は、1ADA 0.26円だったが円高が手伝って1期の円安時に購入した人よりかは結局は安く購入できるという事態に陥っていた。少し、1期で購入した人は気の毒だが、私は4期で購入したのでお得でした。

延期の理由

AVVM

数々、エイダコインは延期を繰り返しています。私は4期で購入しましたが、それでも待ち遠しいです。多分1期で購入した人なんかは待ちくたびれているんじゃないかなと思いますね。

2017年2月に販売業者のアテインオーポレーションからのメールが送られてきました。その中には当初の公開日であった12月を延期して設定した2月の公開も出来なくなったとのことでした。

3月21日にはAVVMという、エイダコインを自分のウォレットに入れる作業が行われるということで、いよいよという感じではあります。延期の理由はセキュリティの強化だそうです。

確かに、それが付加価値の仮想通貨なのでセキュリティは万全にしてもらいたいですが、待ちくたびれて時々エイダコインの事を忘れそうになる時もあります。笑

何倍に上がる?

開発元のカルダノ財団は1ADA=1ドルを目指しているようです。

0.2円~0.26円でのプレセール販売なので、400倍~500倍ですね。公開後はすぐに上昇するとは思わないですが、それでも期待値は高いですね。

また、当初600億枚以上発行される予定だったのが、その半数の量に変更されています。

プレセールで販売した数量を除けば、残り100億枚くらいでは?と思っています。プレセールの購入可能だったエリアはアジアだけだったので公開後に欧米やその他のエリアの方々が購入に走ってくれると価格上昇も期待できますね。

まとめ

仮想通貨は長期保有が基本であり、公開後には直ぐに暴騰することはあまり考えにくいのですが、発行上限枚数が半分になったことによって希少価値が向上していますので公開直後に買いが殺到する事もあり得ます。

2年、3年保有していて1ADA=1ドルの目標ですが、私は2017年の間にその目標は達成出来ると期待、予想します。

まあ、希望的観測ではありますが、保有している皆様はもう少し我慢して待ちましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する