⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨元年と言われる2017年ですが、ビットコイン以外は知らないという人もまだまだいると思われます。いえいえ仮想通貨事態を知らない人が多いのかもしれません。

仮想通貨が今現在600種類とも1200種類以上もあると言われているのを聞けば余計にびっくりされるでしょうね。もちろん聞いたこともない、調べてもよくわからない通貨が90%以上あるのですから、トータルの評価としては怪しいという答えが出す人がほとんどでしょう。

「触らぬ神にたたりなし」でダメという判定を下す構図ではないでしょうか。でも、それはよくわからないからですね。仮想通貨の真実を知ってから判断しても決して遅くはないと思います。

今回は今年になってから公開されたエイダコインと来年に公開されるノアコインについて話していきますが、今どちらも話題性に富んでいて注目と期待を寄せられている仮想通貨です。

仮想通貨のイメージ

日本で仮想通貨が広く認知されたのは「マウントゴックス破綻!ビットコイン114億円消失」の事件がきっかけではないだろうか。それまでは「仮想通貨」も「ビットコイン」も知らなかった人が「何それ?」と振り向いて知ることになったと思います。

日経新聞でさえ、「仮想通貨、ビットコイン倒産」というインパクトの強い見出しがでたのですから、誰もが怪しいというイメージを持ちました。でも、本当は「ビットコイン倒産」ではなくビットコインを取り扱っている取引所が破綻したということだったのです。ですから、日本では仮想通貨はマイナスイメージから出発していると言えます。

確かに、まだよくわからない世界なので、だまそうとする人はたくさんいると思いますが、だからこそいろいろと調べて本当の仮想通貨の魅力を知ってほしいと思います。

先ほど仮想通貨のうちの90%が怪しいとの判定が下されると言いましたが、逆に残りの10%は本物なのです。ですからこれほどにも注目されている通貨ですので興味を持ってみる価値はあると思いますよ。

あなたよりは、少しは知っている私からコメントをするとすれば、「すごい!ですよ」「乗り遅れたら損しますよ!」と言ってあげたいです。

エイダコインについて

ゲームプラットフォームカルダノ

ブロックチェーン技術を活用し、暗号通貨を基軸にしたオンラインゲームプラットフォームです。

カルダノのプロジェクトであるスマートコントラクト機能を持ったプラットフォームです。

カルダノの提供するゲームプラットフォームの特徴はインターネット上で契約、決済できるスマートコントラストが設計されていることです。スマートコントラクトとは「自力執行権のある契約」のことです。また、違法な資金の移動などができないよう設計された安全なP2ネットワークにあります。

つまりコンピュータ同士が自由に連携し、そのための契約から決済までの処理を極めて小さなコストで実現できる技術が導入されたのです。

ここではだれでも無料でゲームを作ったりもできます。

オンラインカジノの問題点

オンラインカジノのユーザー数は今や数万人と言われています。少し前ですが、1億円のジャックポット賞金を獲得した日本人が出たことがニュースや雑誌で話題になりました。

でも大きな問題点があります。負けた人が「いかさまだ」と言って疑がわれたとき、不正をしていない証明ができないことです。

もしかしたら胴元がいかさまをしているかもしれません。でも、世界中にあるオンラインカジノはすべてシステム的にいかさまをしていないことを証明できないのです。正であれ不正であれ証明する手立てがないということです。

でも今ここでそれを証明できるオンラインカジノがあったら、世の中のどれだけの人が興味を寄せてくるでしょうね。

カルダノが問題点を解決、不正ができないのが魅力

つまり、カルダノは取引した通貨を全部記録できるということを実現しました。つまり、いかさま記録も残ってしまうことになるのです。バレルことがわかっていて、いかさまをする人はいないでしょう。

このように、不正ができないオンラインカジノを実現させることにより、世界中で不正を心配することなく安心してゲームに参加しすることができるようになるのです。オンラインカジノ市場の完全定着を目指してことがわかりますね。

このユーザー層が気軽に安心して参加できるゲームプラットフォームの開発がオンラインゲーム業界の更なる発展のための大きなカギとなるでしょう。

開発者が大事、凄い!

カルダノの開発リーダーを務めているのが数学者であり、あのビットシェアーズの創設者でイーサリアムの元Ceoであるチャールズホスキンソンとチーフとマーケティングマネージャーの人たちです。

誰が開発したのかということも非常に大事な視点です。

このチャールズホスキンソンは、600種類以上もある仮想通貨の1・2位を占めているビットコインやイーサリアム等の開発を手掛けたCEOであり、またイーサリアムの前にビットシェアーズというのも開発しています。これも今時価総額で大体5位~10位前後を行ったり来たりしています。

世界で1200種類ものある暗号通貨の中で第2位と第5位に位置する暗号通貨を開発したのが天才数学者チャールズホスキンソンです。この人が今回の開発者です。

ある意味開発は簡単なのかもしれませんが、それを普及させていくことが超難関ではないでしょうか。そこを悠々とクリアされてきた実績を持った人です。つまり、口だけで理想を語る人だけではなく、実行し、結果を出している人物なのです。これは凄く高く評価できるのではないでしょうか。

また、インターネット界ででいえば、ビルゲイツかスティーブジョブズの立ち位置にいる人です。

「成功したければ、成功者の真似をしろ!」と言われますが、もうすでに2つも成功した仮想通貨界では疑いなく第一人者と言われる人です。

これほどの安心感は他にないのではないでしょうか。

カルダノは日本初

なぜ日本初なのか。日本は世界有数のスマホユーザーが多く、スマホゲーム使用者も多くいて、日本のギャンブル市場の売り上げが注目されていることです。また、アジアにおいてもリーダー的存在であることから日本のブランド価値が評価されたという見方もあります。

もう一つは仮想通貨が日常的に使われている海外と比べてこの日本においては知らないがゆえに遅れている現状を打開すべく、チャールズホスキンソンが仮想通貨の未来にとってもよくないと考え、ゲーム業界の最先進国である日本を初にしたとも聞きました。

ここから日本初のエイダコインが誕生したのです。

エイダコイン

でも、スマホで無料ダウンロードしていて、一体何で、どこでビジネスをしているのかと思っていましたが、その最大の源は課金だったのですね。

このようにゲーム市場はを無料でダウンして課金によってキャッシュポイントを生み出してきているのです。

もし、その課金が暗号通貨でしかできなくなってどうでしょうか。その暗合通貨が基軸通貨になって支払うとなった場合このそのコインは必要不可欠のものになりますね

そのコインがエイダコインです。

エイダコインのビジョン

ゲーム業界の最先進国である日本では、ユニークなゲーム、今まで開発されなかったゲームなどがリリースされ熱狂したユーザーががますます増えることが予想されます

カルダノの暗号通貨エイダも総発行量が限定されているので、ユーザー数が伸びてくると価値が飛躍的にあがってこれはとんでもないことになるかもしれません。

ゲームは文化が始まったころからすでに人々の気持ちを楽しませてきました。これからもゲーム業界は伸び続けるでしょう。

過去の伸び率からみると成長はさらに安定して伸びると思われます。スマートフォンの発達で大人のユーザーが増えたのも大きな要因ですが、大人であれ子供であれゲームを始めたら誰もがはまってしまうことが多いのではありませんか。皆さん経験ありますよね。

増え続けるゲームユーザーがをターゲットにして展開を始め、課金してでもいろいろなアイテムを手に入れたり、条件を整えたりするヘビーユーザーもきっと出てくるでしょう。

今後も世界規模でこの流通が始まりそうですね。

ノアコインについて

ノアコインとは?

仮想通貨で一番のシェアを誇るのはいうまでもなくビットコインですが、ノアコインはビットコインを凌ぐ利点があるとと言われています。

決済処理のスピードが速い、フィリピン政財界が運営主体であるため安心感がある、ビットコインが高い電力を消費して維持しているマインイグの必要がないなどほかにも優位性はありますが、これから説明していきます。

また、フィリピンでは大々的なノアコインに対するプロモーションが行われているので、暗号通貨の追い風も合わさって圧倒的な広がりが期待されています。

フィリピンの現状・外貨獲得手段

フィリピンの人口はグラフにするときれいなピラミッド型で人口ボーナスの国です。だから将来にわたって若年層が高齢者を十分支えられると展望されている国です。

フィリピンの経済力の強さと将来的な安定性が高く評価れれ、世界的な大手英国系格付け会社からは「投資適格国」として認められています。

しかし、人口も多く貧困などまだまだ未解決の社会問題が存在し影を落としています。

フィリピンは一家に一人は海外に出稼ぎに出ています。その送金手数料の高さが膨大で社会問題にもなっています。

どういうことかと言えば、出稼ぎに出るのは国にとっても大切な外貨獲得手段ですが、その送金額の10~12%も仲介業者に取られるのが面白くないのです。国家予算4兆円に対してやく3500億円も手数料として消えていくのです。諦めがつかないのは当然ですね。

その解決のために誕生したのがノアコインです。

管理団体が明確

ノアコインを普及させるために立ち上げられたのが、ノアプロジェクトです。これはフィリピン国家を巻き込んだ政財界有志が集まるプロジェクトです。実際には非営利団体のノアファンデーションが運営主体となって進めています。

ノアシティーも主体的にこのプロジェクトですすめているので、国や政財界や大手トップ企業が一丸となって推し進めている事業ですから、120%の安心感が得られるのではないでしょうか。

ノアシティー

ノアプロジェクトがノアコイン普及のために中心となって大規模な都市開発計画を進めています。

今はまだ広々とした土地が広がっているだけですが、40ヘクタールもの土地を開発して、アミューズメント施設やショッピングモール、カジノ、ホテルなどが建設される予定です。

マニラ首都圏で高級住宅や大手企業や高層オフィスなどが立ち並び、みどりも多い近代都市BGCが出来上がっています。第二のBGCとして、すべての場所でノアコインが使える夢の街が出来上がる予定です。

ノアシティーのあらゆるプロモーションを国のバックアップのもとノアファンデ-ションが積極的に行っています。これほど強い味方はないのではないでしょうか。

持っているだけで価値が上昇、複利で増える

仮想通貨では考えられないですがノアコインにはの利息がつきます。初年度20%、40年間複利で増えていきます。マイナス金利時代である私たちから見れば信じられないことをしてくれますね。うれしいですが。

もし、ノアコインが思うように伸びなかったとしても5年で2倍になりますから、一旦手にしたら誰も手放しませんよ。そうすれば価値は上がるばかりです。

今はプレセールの1期で一番低い価格で買える時です。まだまだチャンスですよ。

必要性が明確

仮想通貨には必要とする明確な特徴があれば普及する可能性は高いです。その点では強い強い必要性をもって誕生したノアコインです。。

フィリピンの国にとって社会問題であり、死活問題である送金手数料を取り戻すためという明確な目標のため、国を挙げて取り組んでいるというところが他の仮想通貨と一線を画すところであり、失敗は許されないという背水の陣的な真剣さを感じられます。

エイダコイン・ノアコインどっちがおすすめ?

どちらも明確なる必要性を元誕生してきている通貨であるため、「どっちがおすすめ?」とたずねられても、なかなか甲乙はつけ難いです。それはあまりにもそれぞれが特徴をもって出現しその内容や過程も信頼できうるものだからです。

ただ、エイダコインはインターネットゲームをしない人にとってはあまり興味がないかもしれませんが、その分ユーザー数が半端ではないので、ノアコインとの比較は難しいですね。

ノアコインは複利で増えるという歌い文句には誰もが振り向きそうですね。

ただし、一般的に言ってノアコインはまだ公開もされていないので「絵に描いた餅」だと言われれば確かにそうですね。でもフィリピンの国の運命がかかっているのです。国が積極的に参画しているという点では安定と信用度は非常に高いですね。

いくつかの判断材料は提供させていただいたつもりですので、あとは皆さんの立場で考えて判断していただければと思います。

右目と左目とどっちが大事と聞かれても答えられないのと一緒で、両方が大事なのです。

私からの回答は「ノアコインもエイダコインもおすすめ」です。

まとめ

はっきりとした結論が出せなくて今回ほど困ったことはありません。

でも、公開されて落ち着いたころには2つとも仮想通貨ランキングではかなりのいいところに位置してくるのではないかと思います。

なぜかといえば、ビットコインより優れたところがいっぱいあるノアコイン。そのノアコインと比較してもが判定がつかないエイダコイン。両方ともビットコインを凌ぐ凄い通貨だからです。

今、ビットコインは悠々と1位の座を占めていますが、もしビットコインよりも先にノアコインやエイダコインが出現していたらどうなっていたでしょう。ビットコインよりは上位に位置していたかもしれません。でも大丈夫です。出発が遅れても本物であれば、必ず追いついてくるのがものの道理です。

この2つの通貨はその開発の目的や計画が明確で安心できて信じるにたりる通貨でしたね。甲乙がつけられなくて、はっきりとした判定は出せなかったですが、それはノアコインもアイダコインも素晴らしかったからです。

是非、予算が許したらどちらも手にされることをおすすめします。

 

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する