⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨と言えばビットコインを思い浮かべる人が多いと思います。まだまだ少ないですがビットコインが使える店舗が急増しているそうです。ビットコインは現在の価格も順調に推移しているし、今後も上がると予想されているので安心感がありますね。

でも、よくわからない仮想通貨の情報がいっぱい出回っていることをご存知ですか。聞くところによると600種類以上もあるそうです。ただし、9割以上はなくなっていくと聞いています。生き残れるほうがわずかですね。

今回お話する仮想通貨はその中で有望と期待されているモネロ(monero)というコインです。このコインはビットコインと共に今注目を浴びている仮想通貨です。できるだけ詳しくお伝えしていきたいと思います。

仮想通貨とは?

世界共通通貨(インターネット上のお金)

アメリカはドル、日本は円、ヨーロッパはユーロというようにそれぞれの国には法定通貨という貨幣がありますが仮想通貨はどこの国にも影響を受けないインターネット上での世界通貨です。

ですから、通常はドルと円やユーロと円など交換して使うことになります。通貨の種類が違うので交換手続きが必要になり手間もかかり複雑になってきますが、仮想通の場合H同じ種類では簡単に取引きができてしまいます。

発行元・管理元がなく、特定の国家や銀行に依存しない

しかしビットコインには円やドルといった通貨と違って「発行体」といえるようなものがなく、あらゆる政府、金融機関、企業などから干渉の干渉を受けることがありません。

発行や管理に相当する機関はありません。それは不要だからです。銀行システムに相当するものはなく、取引者の端末間で相互に直接接続して、データを送受信します。

だから中央機関は必要ないのです。すべての取引はデータ記録されるようになっています。通常ならば管理者がデータを見て改ざんすることも可能ですが、管理者がいないため 不正はできない仕組みになっています。

通常の円やドルといった通貨では国家や銀行が発行元となり、その管理下で通貨を流通させていきます。

送金が安い、速い

管理者がいなくて世界中で簡単に取引されるから、手数料が格安なのです。特に海外送金の場合では送金手数料が数千円から数円になるくらいの差なのですから大きな魅力でしょうね。

発行量が決まっている

ビットコインは発行できる上限が約2100万ビットコインまでとシステムで決められています。

インフレ懸念を最初から考えられていたかのようです。なので他の貨幣のように、大量に発行されません。ちなみに今現在では1500~1600万枚流通していると言われています。

以上のことから、仮想通貨はこれまでの通貨の考えを変得ていくシステムだということができます。

この通貨が非常に革新的なため、最近では通貨の価値があがり取引する数も増えてきました。将来性があるからこそ投資としても魅力的だと言えるのです。

モネロってどんな通貨?

現在、ビットコインに続く仮想通貨として期待感をもって普及してきているのがモネロです。匿名性が高いため匿名通貨とも称されています。エスペラント語で、「コイン」「硬貨」という意味を持つ仮想通貨(アルトコイン)の一種です。

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨の総称です。代替コインという意味です。

モネロの概要

モネロの通貨単位は略称で「XMR」と呼ばれています。

開始日は2014年4月18日です。発行の供給量の上限は18,400,000XMRです。

アルゴリズムはProof of Work でCrypto Nightを実装しています。

アルゴリズムとは様々な国の様々な機械の間で、osなどに依存しないダートのやり取りの仕方の一つです。

Proof of Work とは認証するためのデータあるいはシステムのことでモネロは Crypto Nightという匿名性に特化したアルゴリズムを実装しています。

ほとんどの通貨がビットコインのソースコードを元に作られているのに対して、モネロは、CryptoNightを採用している「Bytecoin」というコインのソースコードを元にしています。アルトコインの中では非常に珍しいコインと言われています。

ビットコインと比較しても匿名性が誇れる

匿名送金をするが必要とするユーザーがたくさんいる中で最も採用されやすい通貨です、ビットコインと比べても、匿名性の点で優れていると言えます。

承認される時間も1分ほどで速いとえます。

ビットコインなどの通貨では送金時1対1の秘密鍵、公開鍵を用いて署名を行わられるため膨大なデータを解析することで、どこからどこへ送金されたかわかってします恐れがあるります。

一般的な取引で行われる送金時にはそれぞれが持つ秘密鍵(プライベートキー)と公開鍵(パブリックキー)を用いて署名が行われるため、誰が行った署名なのかを簡単に特定されてします恐れがあります。

CryptoNightは匿名性に特化しており、ビットコインよりも匿名性が強いことが特徴です。モネロ(Monero)は、匿名性が高いため送信先や送信元などを追跡するのは不可能です。

CryptoNote技術により匿名性に特化して優れていることはビットコインと比較しても大きなメリットではないでしょうか

匿名性を高める取引方式リング署名とは?

モネロはリング署名というすぐれた技術を元にした取引方式を取り入れることで、匿名性に優れた送金取引を実現しています。

CryptoNoteは匿名性に特化したプロトコルで、リング署名技術を活用し追跡不可能な支払いを可能にしています。

リング署名とはグループの一員なら誰でも署名が可能ですが、複数の人が公開キーを束ねて利用するため誰が署名したかの特定はしにくくなります。このように検証者に対しては匿名性を保証できるというデジタル署名方式の一種です。

特定のグループだけに属するわけではないので他のグループのリング著名に参加することで特定することが困難になり、

リンク署名で署名されたメッセージは特定のグループの誰かによって承認されています。もちろん、署名者同士を特定することはできません。

リング署名を使用することで、その内容が特定されたユーザーにリンクできないような仕組みになっています。

ビットコインは取引履歴などを公開できますがリング署名では一般公開させていないブロックチェーン(分散型台帳システム)を使用しています。

 ワンタイムリング署名はアドレスが長い

さらにモネロが特徴的なのは「リング署名」という技術を改良した「ワンタイムリング署名」という技術を使用している点です。

ワンタイムリング署名という技術は、現段階で匿名送金を可能にする技術としては非常に優れたものであると注目を集めています。

リング署名自体は2001年から提唱されている技術ですが

他に特徴としては非常にアドレスが長いです。

なぜアドレスが非常に長いのか。それは「閲覧用」と「送金用」の二つの秘密鍵から生成されているからです。

マスターキーのような役割を果たすこのアドレスは送金の度に一時的にランダムなワンタイムアドレスが作られ、送金者はそのワンタイムアドレス宛にコインを送金することになります。

第三者がそのアドレス(マスターキー)を見ただけでは取引履歴を確認することはできない仕組みになっています。そのため匿名性がより高くなります。

ただし二つに分かれている「閲覧用」プライベートキーは必要に応じて、外部に取引履歴を公開することもできます。

ワンタイムリング署名ではミキシング(混合)とワンタイムキーを組み合わせることにより取引が追跡不可能となります。

パソコンのCPUを使ってマイニング

またモネロはマイニング(採掘)によってコインが生成されます。その方法は普通のパソコンでも可能です。パソコンに搭載されているCPUを使って採掘を行います。他のコインのように大がかりな専用採掘機を必要ありません。この点では手軽と言えますね。是非家庭のパソコンでしましょうとまではいえませんが・・・。

4年でおよそ86%が採掘される予定です、開始日が2014年4月18日ですから来年の4月18日になります。

今後の動き

匿名性が故に犯罪懸念

匿名性を誇る仮想通貨モネロですが、取引履歴を追跡出来ないように設計されているが故に、違法取引や犯罪の為の送金などに利用されてしまう恐れがあるとされています。

匿名送金を行いたい市場というのは世界でたくさんあるため、普及が期待できる仮想通貨ですが、逆に犯罪につながる取引にも使われてしまう恐れもあるため、普及を懸念する人もいます。また今後、犯罪での使用などが増えてしまうと、規制が起こるかもという懸念もある通貨です。

ランキング

マーケットキャップの市場規模ランキングでは現在は6位となっています。最近では下がってもほぼ10位前後です。一般に20位までに入っていれば大丈夫と言われています。このモネロは購入しても安心、安全な通貨ではないでしょうか。

モネロこれからが楽しみ

一番のシェアを誇るビットコインより匿名性の点では優れていましたね。このようにモネロの匿名性が認知され評価されてくるともっと需要が増える可能性十分にあると思います。

今、上位にある仮想通貨も特徴を調べてみるとそれぞれの個性や必要性をもって生み出されてきたのもばかりです。仮想通貨は必要とされる特徴があれば普及の見込みは大いにあると言えます。

その点でモネロはビットコインと共に今、注目を浴びているコインです。どのコインよりも匿名性では高い評価を得ています。価値が上がる可能性は十分にあると思われます。仮想通貨は普及する前に購入しておけば、上がった時の旨味はおおきいです。。普及の可能性のあるこのモネロは今手に入れておけば将来が楽しみなのではないでしょうか。

まとめ

仮想通貨の種類はたくさんあると言いましたが、ランキング上位にある仮想通貨はそれぞれに特徴をもって生まれてきいます。常にビットコインよりも特化した特徴をもっています。もしビットコインと同じであれば、誰もがおそらくビットコインの方を選ぶでしょうからね。

でもこのモネロはビットコインには負けない「匿名性」という強烈な特徴をもっています。この匿名性は仮想通貨の市場が大きくなればなるほど重要視されてくるのではないでしょうか。

最近はよくわからない仮想通貨が出回っていて、信用できるのか見極めるのが難しいと言いましたが、このモネロは立派な合格点をつけられると私は思いましたが、皆さんはどうでしょうか。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する